女性の薄毛対策に、大事なのはシャンプー選び!あなたは間違った洗髪していませんか?

あなたは薄毛対策としてシャンプーにも気を使っていますか?女性の薄毛対策にはシャンプーも大事なんですよ。選ぶ基準や方法とは?

アラフィフ女子のスキンケア

time 2017/02/24

私は、もともと乾燥肌で、さらにアラフィフとなった今、くすみやシミの悩みが消えません。

30代中盤から、うっすらとシミが出始め、同時期ぐらいに肌もくすんできました。

それまでは、ほぼノーメイクで、スキンケアも化粧水ぐらいだったけれども、さすがに、ちゃんとしたスキンケアと化粧をしなくてはならない状態になりました。

昔から敏感肌ではあったものの肌質は丈夫で、たいていの化粧品はかぶれることもなかったので、色んな商品を試すことが出来ました。

日本の大手メーカーや海外の有名ブランドも使ってみました。

でも、やはり、くすみもシミも改善しませんでした。

これといったスキンケア方法が見つからないまま30代後半となった時に大病を患いました。

が、これが食生活や生活習慣を見直すキッカケとなりました。

スキンケアに関しても同様で、可能な範囲で、無添加商品を選ぶようになりました。

今は、化粧水には美肌という日本酒を使い、乳液には無添加の物を使っています。

日本酒を使うとベタベタするのではと思いがちですが、ぬって少しすると、ベタベタせずに、しっとりします。

乾燥している時期は特に良いと感じています。

ただ、湿気が多くなってくるとベタつくので止めています。

自分に合う無添加の化粧水が見つからなかったので、昨夏は、さっぱりタイプのオールインワンで過ごしました。

食生活にも氣を遣っているせいか、肌のくすみは以前より良くなりました。

シミは薄くなったり濃くなったりしていますが、これは、たまにゴシゴシ洗ってしまうせいだと思われます。

試してみないと氣が済まないたちなので、テレビで「洗顔時には、やさしく洗いましょう」と言われると、本当にそうかどうか、やってみたくなるのです。

無添加化粧品は洗顔石鹸で落ちるとあるのですが、無添加石鹸のせいか落ちが悪いので、洗顔ブラシを使って洗っていました。

1年ぐらい、そのようにしていると、少し前まで薄くなっていたシミが濃くなってしまいました。

やはり、やさしく泡で洗うのがベストではないかと、自分なりの結論に達しました。

それからは、添加物の少なそうなメイク落としでやさしく洗った後、洗顔石鹸で洗っています。

また、顔に関しては、洗う回数を1日1回にしています。

実は、母も、若い頃に色んなスキンケア方法を試し、「洗顔回数は少ないほうが良い」という結果になったらしく、私は小さい頃から言い聞かせられてきました。

そのせいか、この年齢になっても、キメが細かいと、たびたび褒められます。